スキップビートは19巻

19巻の発売であった。
今回は作者の仲村先生のコメントが本の中にはなく、
ちょっとつまらなかったのだが、
お話は、最高潮で進んでいる。

久遠=コーンであることが、キョーコにとって「現実」になるのはいつなのかな、とか、
敦賀蓮が演る「殺人者」って、何とつながるのかな、とか
キョーコと蓮くんがつながる瞬間はどんな場面なのかなとか
考えていくとキリがないのだけれど、
それだけ、おもしろいネタがあちこちにちらばってるんだなと再認識してみたりする。

帯には「アニメ化」の4文字。
とうとう、この本もアニメになるのか、と思った。
コード○アスの番宣を横目でみながら、
ポニョの記事を見ると、「アニメって一体何を目指すのかな」と考えてみたりする。
「スカイクロラ」も公開された。
押井さんの名前も久しぶりに見た。
スキップビートのアニメ、今は楽しみにして待ってみようと思う。

スキップ・ビート! 19 (19) (花とゆめCOMICS)
白泉社
仲村 佳樹

ユーザレビュー:
二人のクオン、新たな ...
クー来日編クライマッ ...
伝説の父のススメ★キ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック