キャットストリート~ドラマ

「人間は再生する」
そのセリフを読んだその日、確か、エドさんが同じようなことを言ってマラソンをスタートした。

神尾さんのマンガとして読んだ本は8冊で完結する。
ドラマは、NHKにはあまりないことだと思うが
日曜日の今日、素手に放送済みの2話を続けて再放送した。
これは韓国のテレビでよく見た方策で、
割りに短いサイクルで、本放送が進行中に再放送をしている。
これも視聴者獲得のためなのだろうが、
時々見忘れてしまう私にとってはとてもありがたい方法だ。

で、今日、見忘れていた1,2話を続けてみた。
加恋しゃんのケイト役はかなり新鮮だ。
それだけで見た甲斐はある。
ケイト役だけでなく、他の登場人物の設定が若干マンガと違うから
全く違う物語としてみることができる。
でも、ちょっとだけケイトに華が感じられない。
これからなのかもしれないが、ちょっとだけ残念だ。
浩一もマンガの中の2役分を果たしているが、
この後、ゴウイチくんがどう動くか、楽しみである。

マンガの中では「キャットストリート」はタイトルどおり、猫さんたちが歩む道なのだけれど
確か、舞台の袖近くにある、舞台全体を見渡すことができる高見の細い道も
同じように「キャットストリート」と言うのではなかったか?
不安定な足場からしか見えない舞台全体、
そこをするすると歩くことができるのは猫のような柔軟性がなければ無理難題。
そういう危うさを含んだタイトルなのかなと思っていたけれど、
それは作者の意図するところではなかったらしい。

残り4回、生瀬さんの危なさがどう絡むのか楽しみである。

キャットストリート 8 (8) (マーガレットコミックス 別冊マーガレット)
集英社
神尾 葉子

ユーザレビュー:
(O≧▽≦)O続きが ...
素敵な1冊に仕上がっ ...
不定期で良いので連載 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック